妻 不倫

妻の不倫で修羅場になったとき

妻の不倫で修羅場になったとき。証拠が不十分なまま、奥さんの情事を責めてとちった場合案内。ボイスレコーダーへ記録した姦夫とママのあえぎ声。

 

上さんの状態が怪しくなり、ボイスレコーダーを鞄に入れたりしておきました。

 

後日確認してみると、密夫と情交をしているとしか思えない卑猥な行為をしている声が聴こえてきました。

 

こういうのは断固たる証左だと決めつけてママをしているのかもしれない審問したら、不倫を白状しました。

 

にも拘わらず、いざ間男に対して慰謝料接収をしようとすると、突として態度を変化させてしまったのです。

 

泊る施設に単独で滞在して、男とペアではないと。

 

そんな言い逃れは幼稚な嘘だと受け止めましたが、弁護士にコンサルテーションしてもらってみても、やはり同棲の現場を動画撮影などドキュメントに取っておかないと、法律的に確かな不倫の明確な証拠と判断されないとの返答。

 

妻の不倫

 

ママが車の助手席で密夫と接吻していたのに・・・。

 

上さんが家に戻る時間が深夜になったので、勤め口に迎えに行ってみたところ、もはや閉まっていました。

 

駐車スペースにママのアウディがあり、事もあろうに男とディープキスをしているのです。

 

それを目撃して卒倒しそうになってしまいました。

 

不本意なあまり、扉をオープンして絶叫して叱咤して、男のIDカードを出させ、慰謝料の要求をやりました。

 

ところが、後日奸夫の弁護士から電話が寄こされ、あなたがしたことは脅迫罪に当たるから、警察当局に被害届を提出すると言われました。

 

それに、車の助手席で接吻していただけだと不倫行為に当てはまらないので、姦通の慰謝料を納めるオブリゲーションは無いというのです。

 

私としてはとても錯乱しました。

 

嫁が密夫と唇で愛撫しているにもかかわらず、不倫じゃないなんてバカ言うなという心境でした。

 

最終的に、示談で済みましたが、私としては無念な心情です。

 

妻 不倫記事一覧

妻の浮気相手に制裁した体験談とまとめ。万が一嫁の不倫が発覚しても、自らで復讐しない方がいいです。なぜかというと、自分自身で制裁措置を課すと、自分自身の立場が不利になってしまうからです。相手に負い目があるからと言って、嫁に叫んで叱咤してしまった時には、DV(家庭内暴力)と判断されて離婚裁判をされたときなどに非情に不利になります。猛烈な言葉づかいで怒られたので心的外傷ストレスになったと診断書を病院で医...