妻 不倫 制裁

妻の浮気相手に制裁した体験談とまとめ

妻の浮気相手に制裁した体験談とまとめ。万が一嫁の不倫が発覚しても、自らで復讐しない方がいいです。なぜかというと、自分自身で制裁措置を課すと、自分自身の立場が不利になってしまうからです。

 

相手に負い目があるからと言って、嫁に叫んで叱咤してしまった時には、DV(家庭内暴力)と判断されて離婚裁判をされたときなどに非情に不利になります。

 

猛烈な言葉づかいで怒られたので心的外傷ストレスになったと診断書を病院で医者に書かれて、上さんがお役所に差し出してしまう場合もあります。

 

他には、浮気相手を叩きのめしてやりたいと立腹する方もいるのは当然の気持ちですが、浮気相手に傷を負わせてしまうと自分自身が罪人となってしまいます。

 

もし乱暴を働かなかったとしても、絶叫してどなりつけてしまうと脅迫罪で逮捕されることもあります。

 

自らで制裁措置を与えると、まったく不憫な結果になることがほとんど。

 

ワイフと夫婦愛を修復するためにはどうしたら最善なのか?。

 

万が一嫁が密通が発覚したとしても、どうにかして家内と夫婦の仲を回復したいと思うご亭主はおられると思います。

 

生涯、この人を愛し抜くと誓って一緒になった相手ですから、今回は赦して、生活を取り戻して修復したいと期待する男性は多いはずです。

 

それでもなお、注意すべきは、女性の気持ちを察してあげることです。